BABYMETALに学ぶ、アウェーで異性のハートを掴む方法

METALRESISTANCEshokai-f50bfd227f64cd7138d136040ac793886e9cba69

「アーティストの海外進出」と「幸せな結婚」の共通点って?

2ndアルバム『METAL RESISTANCE』初回生産限定盤3241(税別)発売中/トイズファクトリー

アメリカのビルボードで史上初のTOP40入りするという快挙を成し遂げたBABYMETAL(ベビーメタル)という日本の女性アーティストグループをご存知ですか? もしかしたら、海外発のニュースで、彼女達の存在を知った方もいるのではないでしょうか。BABYMETALとは、2010年に結成された日本の女性3人組メタルダンスユニットです。

このコラムは「音楽マーケティング論」を分析する場所ではありませんが、「なぜ彼女達が世界で認められたのか」ということを突き詰めるほど、実は日本の結婚女性にも参考になることに気付かされたのです。

では、彼女達が世界を認めさせることができた本当の理由を考えてみましょう。

アウェーで聴衆のハートを掴んだBABYMETALの努力

2ndアルバム『METAL RESISTANCE』通常盤2315(税別)発売中/トイズファクトリー

2ndアルバム『METAL RESISTANCE』通常盤2315(税別)発売中/トイズファクトリー

まず彼女達が世界で成功したのは、決して日本のアイドル文化をきっかけにしたものではありません。いわゆる「クールジャパン」をはじめとする、アニメ的な「萌え文化」や「カワイイ文化」は世界でも注目されてはいますが、あくまでカウンターカルチャーであり、主流ではないのです。

当時も、もっとそれ以前も、多くの日本人アーティストが世界へ挑んでいきました。もちろん、海外でライブを成功させた人たちはたくさんいますが、BABYMETALのように本当の意味で「商業的な成功」を成し遂げたケースは残念ながら皆無か、ほとんどないか、というところです。

その壁を乗り越えていった「彼女達の強み」は何だったのでしょうか? 彼女たちの海外での活動を振り返ってみましょう。

BABYMETALがコアなファンを掴んだ歩み

まず、彼女たちは、約2年前(2014年)から積極的に海外のフェス(ライブ)に出演しはじめます。海外の音楽ファンは本当にシビアで、観衆を盛り上げるには、絶対的な歌唱力、バックバンドの演奏力、楽曲のクオリティー、すべてが不可欠です。ただ「若くてカワイイ10代の女の子」というだけでは絶対に通用しません。

知らないアーティストとなれば、その目はさらに厳しくなり、ブーイングなどをされる恐れもある現場。まさに10代の女の子には酷な状況と言えるほど「アウェー」だったと思います。それにもかかわらず、そのライブを成功させ、その出来を受けて殺到したメディアに対して積極的に英語で答え、メッセージを届けようとしました。

そんな彼女達の実力、大きな努力とひたむきさに、最初は、ちょっと冷めて観ていた人ですら、ライブ後には彼女たちの虜になり、「コアなファン」がひとライブごとにどんどん増え、それが世界へと拡散していったのです。つまり、その瞬間の自分たちが与えられた状況の中で、最大限に自分たちのできる最高のパフォーマンスを世界に届け、聴衆とひとつになれる形を模索していった結果と言えるでしょう。
逆に、もしも、彼女たちがいわゆる日本的な「売り出し中のアイドル」のようなマーケティングをされていたらどうだったでしょうか?

つまり、パフォーマンスを知られていない状態で、メディアのバラエティなどに登場し、その結果、本当の魅力を知らない世間の意見に振り回されてしまう。その結果、音楽性やメンバーのメッセージがコロコロと変わることになってしまえば、音楽を評価してくれていた「コアなファン」が離れていってしまうかもしれません。その結果、一時的にチヤホヤしていた「にわかファン」もアッという間に離れ、ついには海外から撤退……ということになりかねなかったかもしれません!?

やはり、ライブという生のパフォーマンスで、アウェーの場所で体当たりのパフォーマンスをしたからこそ、コアなファンと強い絆で結ばれることになったのだと思います。

アウェーの婚活でも、「コアなファン」に出会える5つの恋愛論

世界でたったひとりのあなたの「コアなファン」が本当のパートナー。

世界でたったひとりのあなたの「コアなファン」が本当のパートナー。(画像はイメージです)

さて、このエピソードを恋愛論に置き換えてみます。スケール感や立場は違いますが、基本、結婚相手=コアなファンを作るという意味では、似たポイントがあると思っています。

そのポイントは以下の4つです。
1.自分の軸をブラさない
2.コアなファンをつくる
3.アウェーでこそ、自分から発信する
4.コアなファンを裏切らないパフォーマンスを
5.狭い世界を飛び出す勇気を持つ

順にご説明していきましょう。

1.自分の軸をブラさない

目標を決めて戦略を立てることはよいことです。しかし、「とにかく結婚すること」自体をゴールに見据えてしまっている女性ほど、結婚相手に探すために男性に受け入れてもらうために「迎合」してしまいがちで、その結果として「自分の軸」がブレまくってしまうことがあります。これではせっかく出会っても、世界にたったひとりの魅力的な女性として見られません。とくに婚活や合コンでアウェーの場所に出かけて出会いを探している人は意識してほしいポイントです。

2.コアなファンをつくる

本当に大事なのは、あなたを心から応援してくれる「コアなファン」です。つまり、本来のあなた自身を心から応援してくれる人なのです。世間のみんなに受け入れられるように八方美人的に自分を売り込む必要は一切ありません。なぜなら、あなたにとっての幸せな結婚は、何人もの大勢の「にわかファン」、つまり、遊び目的の男性たちからモテることではないからです。

3.アウェーでこそ、自分から発信する

今まで自分のやってきたことを肯定し、たとえアウェーでも自分の進むべき未来を信じることが重要です。等身大の自分を真摯に伝えることに専念し、見た目などでチヤホヤされるような受身の姿勢ではなく、自分で発信する力を持つことでしっかりアピールすることが重要です。

とくに、これは国際結婚を目指す女性には知っておいてほしいのですが、日本で「女性らしさ」と言うと、おしとやかさや可愛らしさが求められがちですが、海外では単におとなしいだけの女性は相手にされませんし、すぐに飽きられてしまいます。

また、英語が苦手な日本人女性に多い消極的な態度は相手にされません。むしろ言葉が分からなければ、何度でも聞き返して、つたない言葉でもどんどんメッセージを発してアピールしなくては、ライバルたちに勝てません。実際、これはグローバル思考の女性専門家も実際に指導していることなので、ぜひこちらのコラムも参考にしてみてください。

4.コアなファンを裏切らないパフォーマンスを

コアはファンとは、あなたの本当の魅力に気づいている男性のことです。それを、年収や条件など表面だけを見て切り捨てるような行為も、あなたのコアなファンを裏切ったり、むげにすることと同じです。常に真摯に恋愛に向き合う姿勢も大切にしましょう。

5.狭い世界を飛び出す勇気を持つ

日本の10代の少女たちが世界に飛び出して大成功したように、自らの足で進み、幸せな結婚を手にしたいと強く信じ、行動しましょう。ショービズの世界では、実力があってもチャンスをものにできない人がたくさんいます。それと同じで、「自分磨き」はもちろん必要ですが、それだけではいけません。自分の足で出会いに行き、魅力と想いを伝える努力も必要です。そして、本当の自分で本当のパートナーに出会う勇気を持ってください。もし、今、付き合っている男性と幸せな結婚ができるだろうか……と悩んでいたり、薄々この人と結婚しても幸せになれないのでは……と感じているのであれば、勇気を持って、今いる狭い世界から飛び出してください。

いかがでしたか? これらにベストを尽くすことで、あなたに共感してくれるベストパートナーができ、その後もしっかりと結ばれるはずですよ! 合コンや婚活に励み、本当のパートナーに出会い、幸せな結婚を引き寄せたい女性たちはぜひ参考にしてみてください。

当のパートナーに出会うための恋愛コラムも参考に
グローバル女性に聞く、外国人の本命になる意外な方法
本物と偽者のパートナーの見分け方
妊娠中に浮気するサイテー男を見分けるには

▼ガイドからのお知らせ
次回7月開催!「1年以内に幸せな結婚へ導くマリッジコーチングセミナー」
「恋するバンクーバー」など最新情報はオフィシャルブログにて。
バンクーバー発大人女子チャンネルはコチラから!

Related post

Comment are closed.

Pickup post

  1. Pensive

    2015-11-23

    【完全版】失恋したときの立ち直り方とは!?笑顔を取り戻す方法を教えます!

    失恋したとき…

オススメ記事

  1. mental
    私のあれが、…
  2. 160422nao-650x436-06dca13799e93aff9cfcb5c46cc9f43d35220c59
    【相談者:20代…
  3. 160415mamireko-650x433-d6872a84bc1405f081c66ee4189ada617cf99ffa
    こんにちは、&#…

Pickup post

  1. 160506mami-650x433-a8d8c4eb7828198d16036e56abe2b4e0f7f4ba99
    こんにちは。&#…
  2. 160415kobayashi-650x434-b3f5ab02fb5c8f1a89d447c57214ab7af098cde1
    こんにちは。&#…
  3. 141400612014140061203051-3add2b2a23960ccd35c95dc89bb7d3dfd4cfaa6f
    2016/05/09 1:scVIP:2014/10/21(…
Return Top