【失恋ソング女性編】トップシンガー達が歌い上げる女性目線で綴る切ない悲しい失恋ソング18選をご紹介します!

normal-8b1fd4f71f5b3760579f9a456659c95a05ac9867

失恋ソングで女性目線の曲を集めました!

世の中には、「失恋ソング」と呼ばれるものがたくさんあります。実際に、片思いの人に振られてしまった、事情があって彼氏と別れてしまったなど、悲しくて、切ない様々な失恋経験がある女性たちの心を描き、気持ちを代弁するような名曲は、そんな女性たちを救ってくれます!

思いっきり泣いて浸りたいとき、悔しい気持ちがあふれ出てくるとき、勇気を出して一歩前に踏み出したいとき、あなたはどんな失恋ソングが聴きたいですか?

今回は、名曲ぞろいの失恋ソングの中でも、「女性目線」の曲にこだわり、筆者の独断も含めて、厳選した18曲をご紹介します!

「Love Story」 by 安室奈美恵

自分の道を突き進むためには、別れを決意しなければいけないという切なくも悲しい、そしてとても強い女性の心を描いた、安室奈美恵さんの失恋ソングです。近年の安室さんの代表曲といっても過言ではありません。子供のころから安室さんファンの筆者も大好きな一曲です。

「生まれ変わっても愛し続けるけど、一緒にはいられない」、「誰よりもきっと愛しているけど、選んだこの道を歩いて行くから」などのフレーズは、本当は一緒にいたいんだという想いが強く伝わってきます。

でも、自分の道を優先したい、そして自分の行くべき道を選んだという心の葛藤が色濃く伝わってきます。遠距離になってしまったり、自分の夢を追いかけるために辛い別れを決意した人に、おすすめする一曲です。

「First Love」by 宇多田ヒカル

宇多田ヒカルさんの代表曲!この曲は、初恋の人との別れを描いた曲にしては少し大人っぽい失恋ソングです。でも、初恋の人への淡い想いや思い出にしようとする前向きさもとても伝わってきます。

あなたはいつか誰かと恋に落ちるかもしれないけど、あなたは私に恋の仕方を教えてくれた、たったひとりのかけがえのない人、いつも心にいる人、という初恋の人へ誰もが感じたことのある気持ちが、日本語と英語とで情感たっぷりに綴られています。

初恋の人との悲しい別れを経験した人、初恋の人を思い出して浸りたい方には、ピッタリの一曲です。

「会いたくて 会いたくて」 by 西野カナ

現代のラブソングのカリスマは、やはり西野カナさんではないでしょうか?もちろん、失恋ソングにも定評があります。彼女を一躍スターダムに押し上げたこの一曲は、「会いたくて会いたくて震える」という、どストレートな愛情表現が印象的な失恋ソングです。

本当だったら今日も一緒に過ごしていたはずだし、その言葉や笑顔も私だけのものだったけど、今はそのすべてが別の誰かのものなんだとわかっていても、今はどうしても忘れられないという気持ちがヒシヒシと伝わります。

こんなに思っているけど、彼には決してその姿は見せず強がること、ありますよね?そんな女性もリアルな歌詞で表現されています。別れたけどまだ忘れられない強い想いを引きずっている方におすすめです。

「366日」by HY

この曲も失恋ソングの定番ですね。この曲の主人公は、相手の自分への気持ちが薄れていっていることを知っています。だけどそれでも、たまにある幸せにしがみついて、それでいいと思えるくらい、その相手のことを愛しているのです。

また好きになってくれるかもと、ずっと淡い期待を抱いていても、そんな毎日に苦痛を感じ始めて現実を受け入れようと努力をします。それでも、今はまだ完全に吹っ切れることなんかできないという複雑な女性の気持ちを切なく綴り、パワフルに歌い上げる名曲です。

「さよなら大好きな人」by 花*花

綺麗なハーモニーが印象的だった女性デュオ、花*花のヒット曲であるこの曲も、大好きな人との辛い別れを描いています。別れを受け止めきれない、何もかも忘れられないという強く悲しい想いが終始伝わってくる悲しい失恋ソングです。

大好きな人の最後に見たくて、必死に我慢しようとする健気な心情も綴られています。とにかく、大好きで大好きでしょうがない人との、悲しすぎる別れを経験し、思いっきり泣きたい人におすすめの一曲です。

「M」by プリンセス プリンセス

この曲を知らない人はいないのではないでしょうか?プリンセスプリンセスの世代を超えた失恋ソングです。ストレートでリアルな歌詞は、その歌の世界を頭の中でイメージさせます。

別れた後に、季節がいくつ巡っても、相手のことを忘れられない女性の気持ちを綴っています。様々な思い出を思い出したり、連絡先を未だに消せずにいたり、未練たっぷりだけど全て忘れて一歩踏み出す勇気がほしいと願う女性の曲です。

実はこの曲は、ドラムの富田京子さんが実際に経験した失恋をモデルに作詞した曲だそうです。だから、聴く人の心をがっちりつかむような感受性や、リアルさがあるんですね。

「最愛」 by 福山雅治

福山雅治さんは、女性目線の曲を描かせたら右に出る者はいないのではないかと思うほど、天才的な詞を書きますね。愛してもらえなくても、私はこれからもあなたを見守り続けるという、強くも切ない気持ちを綴った名曲です。

この歌に登場するのは基本的にとても強い女性なんでしょう。でも、本当に辛いことを隠してしまう強がりな人ともいえます。本当は離れたくなくてもその一言が言えない、会いたいしそばにいたいけど、遠くから見守る決意をする、そんな本当の強さと強がりの間で揺れ動く女性です。

別れても、忘れなくていい、ずっと相手の幸せを祈り続けたいと思う人にピッタリな一曲です。

「慟哭」by 工藤静香

この曲は、片思いしている仲良しの同僚に、彼女が出来てしまったという女性の心を描いた失恋ソングです。仲が良い男友達への気持ちを我慢してきた女性の、切ない恋の終わりを綴っています。作詞は中島みゆきさんで、ストーリー性もあるリアルな一曲です。

なんとなく気づいてはいたけど、本当のことを聞きたくないと避ける女性と、そんな気持ちに気づかない鈍感な男性のやり取りがとてもよく伝わってきます。そんな残酷な出来事に、泣き疲れるほど泣いて、友情までも忘れ去ろうとする女性の気持ちがとても胸を打ちます。

「瞳はダイヤモンド」by 松田聖子

素敵な思い出を共有し、幸せに過ごしていたカップルの片方の裏切りによる別れを、女性目線から綴った名曲です。自分たちの色褪せてほしくない思い出が過去形に変わったのはいつなのか?と裏切った男性に問いかけるようなフレーズがとても印象的です。

信じていた人に裏切られ、涙が止まらない自分をなぐさめるように、自分はもっと強いはず、この涙は宝物なんだと言い聞かせる心が強い女性が、悲しみのどん底にいる情景が頭に浮かぶ素晴らしい歌詞です。

失恋して思いっきり泣きたい気持ちをなぐさめたい人におすすめの一曲です。

「さよならの向こう側」by 山口百恵

別れの曲でもありますが、大切な人への感謝を綴った曲です。今まであなたがくれたもの、してくれたこと、かけてくれた言葉、愛してくれた気持ち、全てに感謝をして旅経つことを決心した女性の気持ちが綴られています。

「さようなら」のかわりに、「ありがとう」という言葉をかけたいくらい感謝したい相手との別れにピッタリな一曲です。悲しくて辛い別れであっても、こんな風に感謝できることはきっとあるはずですし、いつかは思えるかもしれません。

別れた相手は、自分を成長させてくれたかけがえのない存在なんだと思うようになれる一曲です。

「喝采」by ちあきなおみ

この曲は、これまでと少し違うタイプですが、大切な恋人を亡くしてしまった女性歌手が主人公となる悲しい曲です。レコード大賞を受賞した名曲でもあります。夢を追いかけるために恋人と離れて、歌手として成功を収めた女性のもとに届いた知らせは、あまりにも悲しいものでした。

涙や言葉を失うほどショックな気持ちを押し殺して、オーディエンスの前でラブソングを歌い続ける切なくも強い女性の物語が描かれています。

この曲の特徴は、感情を表現するフレーズがあまりないことです。それにもかかわらず、この女性が背負った苦しみや悲しい運命が色濃く映し出されるまさに、泣ける名曲です。

「失恋ソング」海外女性歌手編

「Who’s that girl」 by Hilary Duff

筆者がティーンの頃のカリスマアイドルだったヒラリー・ダフ、もちろん大好きで、憧れていました。そんな彼女が出した曲の中で、最も切ないといっても過言ではない失恋ソングです。私の居場所のはずのあなたの隣にいるのは誰なの?と問いかけ続ける切ない曲です。

相手が自分から去ってしまった理由がわからないともがく想いと、自分の居場所を奪った女性へのやり場のない想いを綴っています。

「Big Girls Don’t Cry」by Fergie

ファーギーといえばこの曲!という方もいるのではないでしょうか?しっとりとした大人の失恋ソングです。「大人の女性は泣いたりなんかしない」と、涙が止まらない自分をなぐさめるように繰り返すフレーズが印象的です。

相手のことを思って、別れを決意した女性の葛藤がとてもリアルに綴られています。そんな自分のわがままを理解してくれる相手だと信じているから、自分が成長するために別れようという複雑で切ないストーリーが胸を打ちます。

「Irreplaceable」by Beyonce

ビヨンセが歌い上げる印象的な失恋ソングです。もうあなたみたいな人はこりごりだ、早く去ってほしいという女性側の強い想いで別れを切り出すストーリーです。

タイトルの「Irreplaceable」は、「かげがえなのない」とか「替えがきかない」という意味ですが、自分が私にとってそんな存在だと思うなよ!いくらでもあなたみたいな男は見つかるわ!と、もううんざりだという気持ちが伝わる、気持ちのいい一曲です。

失恋ソングで女性の前向きな出発を応援する曲!

ここでは、失恋して落ち込む気持ちを前向きにするような曲をご紹介します。心を癒したい、新しい一歩を踏み出したいと思っている人へ、ピッタリの名曲たちです。

「Hello, my friend」 by 松任谷由美

ひと夏の終わりに、恋した相手と別れる気持ちを綴った名曲です。寂しいし悲しいけど、ずっと大切な思い出にしたい恋心が表現されています。離れても、二度と会えなくても、ずっと友達と呼ばせてほしいという感情は、相手や自分を思うからこその前向きなものです。

一歩踏み出す勇気がほしい方に、おすすめな一曲です。

「TOMORROW」by 岡本真夜

これも世代を超えた名曲であり、応援ソングの定番ですね!流した涙の数だけ人は強くなれるんだというメッセージが込められています。失恋要素はあまりなく感じますが、大切な人が失恋で落ち込んでいるときに、かけてあげたい言葉や応援したい気持ちが素直に伝わってきます。

「サンキュ.」by DREAMS COME TRUE

失恋した大切な友人を元気づけるのにピッタリな名曲です。好きだったけど別れなければいけないと、とても辛い失恋を経験したこの歌の主人公は、自分を思って頑張ってなぐさめようとしたり、何気なくいつも通りそばにいてくれる友人に救われます。

悲しい失恋経験を歌っている中にも、ほっこりとする友情物語がベースになっているので、とても温かい一曲です。

「たかが愛」 by 中島みゆき

タイトルから「たかが愛」という印象的な一曲です。「愛」に対してのいろんな感情と、忘れられない「愛」について綴られています。何度も間違えたり、傷ついたりする「愛」を捨てきれないのはなんでなんだろうという、少し大人っぽいの女性の曲です。

「たかが愛」に、なんで人はこんなに振り回されて左右されるのか、と考えれば捨てた方が良いと思ってもなぜか捨てきれない、「たかが愛」なのに。という「愛」というフレーズに対しての女性の葛藤が描かれています。

「たかが愛」という繰り返されるフレーズに、少し心がすっとするのがこの曲の魅力です。

まとめ

いかがでしたか?今回は、「失恋ソング女性編」ということで、様々な角度から、女性目線の失恋ソングをご紹介してきました!失恋ソングは、思いっきり悲しいものでもいいですし、前向きに元気になれる曲を、そう捉えることも出来るのではないでしょうか?

自分が失恋したとき、抱えている想いを癒して、これからどうしたいのかを整理出来るように後押ししてくれる一曲は見つかりましたか?

今回は、筆者目線で選曲させていただきましたが、人それぞれ、思い出の失恋ソングはあるかと思います。失恋したってくよくよせず、曲を聴いて思いっきり泣いて、前向きにリスタートをきりましょう!

Related post

Comment are closed.

Pickup post

  1. 160506mami-650x433-a8d8c4eb7828198d16036e56abe2b4e0f7f4ba99
    こんにちは。&#…
  2. 160415kobayashi-650x434-b3f5ab02fb5c8f1a89d447c57214ab7af098cde1
    こんにちは。&#…
  3. 141400612014140061203051-3add2b2a23960ccd35c95dc89bb7d3dfd4cfaa6f
    2016/05/09 1:scVIP:2014/10/21(…
Return Top