断ってもまた誘ってもらえる!デートに行けないときの魔法の”クッション言葉“5つ

cupple-4947efb839ed014dde40ff13b1ce1cf3a3efcb4d

【相談者:30代女性】

以前、友人の紹介で出会った男性と初めて食事に行ける機会がありました。

ところが、実際はお誘いを受けただけで、まだ食事には行っていません。
最初は、彼の方から食事のお誘いがあったのですが、どうしてもその日に外せない用事があったため、断ってしまいました。
彼は「じゃあ、また次の機会に」と言ってくれたのですが、それ以来お誘いも連絡もありません。

これってなぜなのでしょうか。

a上手な断り方は、二度目のお誘いだけでなく自分の印象アップにもつながります。

ご質問ありがとうございます。
コラムニストのLISAです。

おそらく、今回の場合は、相談者様の断り方に問題があったのではないでしょうか。

そもそも、男性にとって気になる女性をデートに誘うことはとても勇気がいること。
特に自分から積極的になれない男性だと、一度、お誘いを断られただけで心が折れてしまうこともあります。

しかし仕事の予定や先約が入っていれば、男性からのお誘いを断らなければいけません。
それは仕方のないことです。

ただ、そこでうまく断わることができれば、相手の男性は必ず二度、三度とお誘いをしてきてくれます。
反対に断り方を間違えてしまうと、それが最初で最後のチャンスとなってしまうのです。

もし、どうしても男性からのお誘いを断らなければいけない状況のときは、次に繋がるチャンスをつくるための上手な断り方をしましょう。

そこで今回は独身男性の方々から、「何度でも誘いたい」と前向きになれる女性の断り方についてお話を聞いてきました。

(1)『私も誘おうと思っていたんです』

『「ちょうど私も誘おうと思っていたんです」って言われると、もしかして以心伝心?みたいな期待をしちゃう。嬉しいから断られてもまた誘っちゃうだろうな』(28歳/営業)

気になる男性からお誘いがきたときは、なにより先に「私も誘おうと思っていたんです」と同じ気持ちだったことを伝えましょう。
あなたが好意を抱いていることが伝わり、男性も自分の気持ちにも自信を持つことができます。

もしお誘いを断ったとしても、男性は相手から好意を持たれているという事実を知れたことで、次回のお誘いがしやすくなるのです。

(2)『自分から誘えずにいたから、○○さんに誘ってもらえて嬉しいです』

『合コンで出会った子を食事に誘ったとき、結果としては断られたんだけど、最後に「私も誘いたかったんですけど恥ずかしくて……。○○さんから誘ってもらえて嬉しいです」って言われたんですよ。こんなかわいいことを言われたら、絶対にOKをもらえるまで誘おうってなりますよね』(26歳/美容師)

「私も誘おうと思っていたんです」の一言と同じく、「自分から誘いたかったけど誘えずにいた」という断り方も男性に好意を伝えるにはうってつけの言葉。
この一言を聞けば、男性も脈ありであることを確信できるのではないでしょうか。

また、自分から誘えなかったという事実を伝えることは、誘うのが苦手な女性であるという印象を与えます。
すると、男性は「自分から誘わなければいけない」という責任感を抱くため、次回も相手からお誘いをしてもらえる可能性が高くなるのです。

(3)『まだ予定がわからないんですけど、○○さんはいつなら大丈夫ですか?』

『「まだ予定がわからない」とかだけで断られると、遠まわしに断られている気がして傷つく。「○○君はいつなら大丈夫?」みたいに僕の予定を聞いて、会う気がある素振りを見せてもらえると次も誘いやすいんだけどね』(25歳/販売員)

「まだ予定がわからない」「無理かもしれない」など、曖昧で消極的な返答は、お誘いをした男性に良い印象を与えません。
それどころか、「もしかして、遠まわしに断られているのでは?」と勘違いをされる可能性もあるのです。

予定がはっきりとわからない場合は、その事実を伝えたうえで、相手の予定を聞き返すようにしましょう。
少しでも会う気があることが伝われば、男性も前向きに考え、改めてお誘いをし直してくれることでしょう。

(4)『予定が決まったら絶対に△△のお店に行きましょうね』

『以前、お誘いをした子は「じゃあ予定がわかったら連絡するので、前に言っていたフレンチのお店に絶対行きましょうね」って断り方をしてきて、この子は男心をわかっているな……と。またお誘いをする気になるのはもちろん、前に僕が何気なく話したお店のことを覚えてくれていて、それが嬉しかったんです』(31歳/営業)

日程が合わずに断わった場合は、別日に約束を取りつけておくと、二度目のお誘いの確率が上がります。
もし食事のお誘いであれば、その場で「どこのお店に行きたいか」「どこで待ち合わせをするか」だけでも決めておくようにしましょう。

またその際、以前男性が話していたお店の名前などを出すと、小さな出来事も覚えてくれている女性として、好印象を持ってもらえます。
お誘いをされるだけでなく、女性としてもさらに魅力的な印象を与えることができますよ。

(5)『絶対にまた次も誘ってくださいね』

『自分はどちらかというと内気なので、多少強引な女性の方が良いんです。お誘いの断りも「絶対にまた次も誘ってくださいね」とはっきり言われた方が次も誘いやすくなります』(27歳/IT)

消極的で内気な男性が女性を誘うのは、他の男性以上に勇気がいります。
そのため、断わり方によっては深く傷つき、二度と自分から相手の女性を誘えなくなる可能性もあるのです。

もし相手の男性があまり積極的でないなら、「絶対にまた次も誘ってくださいね」とはっきり気持ちが伝わる一言をかけるようにしましょう。
消極的な男性には、遠まわしの気遣いよりも直接的な感情表現の方がよく伝わるのです。


男性の中には、女性が思っている以上に傷つきやすい心を持っている人もいます。
女性側が丁寧に断ったつもりでいても、その優しさが男性に伝わらなければ、二度目のお誘いができなくなる場合もあるのです。

もし、二度三度とお誘いをされたい相手であれば、感謝と気遣いの気持ちを伝えたうえで断るようにしましょう。
好感を持たれる断り方ができれば、次回のお誘いに繋がるだけでなく、相手から見たあなたの印象もさらに良くなるはずです。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

Related post

Comment are closed.

Pickup post

  1. 160506mami-650x433-a8d8c4eb7828198d16036e56abe2b4e0f7f4ba99
    こんにちは。&#…
  2. 160415kobayashi-650x434-b3f5ab02fb5c8f1a89d447c57214ab7af098cde1
    こんにちは。&#…
  3. 141400612014140061203051-3add2b2a23960ccd35c95dc89bb7d3dfd4cfaa6f
    2016/05/09 1:scVIP:2014/10/21(…
Return Top